宇治市 債務整理 法律事務所

宇治市に住んでいる方が借金返済の悩み相談をするならどこがいいの?

借金をどうにかしたい

借金の額が増えすぎて返済が厳しい…。
債務整理して、借金の悩みから解放されたい…。
もしそう思っているなら、できるだけ早く司法書士や弁護士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、月々の返済金額が減ったり、督促が止まったり、等という色々なメリットを受けられる可能性があります。
今ではインターネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も沢山あります。
ここでは、その中で宇治市にも対応している、オススメの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
また、宇治市の地元にある法務事務所や法律事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知恵・知識を借りて、解決の道を探しましょう!

宇治市に住んでいる方が債務整理・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

宇治市の多重債務・借金返済問題の相談なら、こちらがオススメ。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いも可能。
相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能。
個人再生、過払い金、自己破産、任意整理、など、借金の問題について相談することができます。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(電話料金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、債務や過払いの悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に合ったやり方で借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

宇治市の方が債務整理・借金の相談をするなら、まずこのサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った借金の診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、宇治市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の宇治市周辺の法律事務所や法務事務所の紹介

宇治市には複数の司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●いかい司法書士事務所
京都府宇治市小倉町老ノ木21-5
0774-20-0158
http://eonet.ne.jp

●よしかわ司法書士事務所
京都府宇治市大久保町大竹62-22
0774-46-6336
http://yoshikawa-shihou.com

●平井合同事務所(司法書士法人)
京都府宇治市宇治壱番143
0774-22-2283
http://ujisihou.jp

●みらい司法書士事務所
京都府宇治市五ケ庄一里塚1-56
0774-32-4555
http://mirai-kyoto.net

●小阪司法書士事務所
京都府宇治市京都府宇治市木幡西浦7-11
0774-38-2428
http://kosaka-office.main.jp

●小野慶・司法書士事務所
京都府宇治市宇治池森20-6マックスビル3F
0774-23-1647

●京都やましろ法律事務所
京都府宇治市広野町西裏97-5商弘ビル4F
0774-41-2721

●くにとも司法書士事務所
京都府宇治市琵琶台1丁目17-4
0774-22-8735

●秋山敏章司法書士事務所
京都府宇治市宇治壱番132-4谷口ビル3F
0774-20-8173

●元木司法書士事務所
京都府宇治市広野町一里山65-3
0774-45-5660

●小川克司司法書士事務所
京都府宇治市宇治壱番120-1
0774-22-2457

地元宇治市の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

宇治市在住で多重債務や借金返済に悩んでいる人

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払い等は、非常に高い金利が付きます。
15%〜20%もの利子を払うことになります。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年)ぐらい、マイカーローンの金利も1.2%〜5%(年間)ぐらいなので、その差は歴然です。
そのうえ、「出資法」をもとに利子を設定している金融業者の場合、金利がなんと0.29などの高利な金利を取っていることもあるのです。
尋常ではなく高い利子を払いながらも、借金は増えるばかり。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて高利な金利という状況では、完済するのは厳しいでしょう。
どう返済すればいいのか、もうなんにも思い付かないのなら、法律事務所や法務事務所に相談しましょう。
弁護士や司法書士なら、借金・お金問題の解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期計画での返済かもしれませんし、過払い金を請求して返済金額が減るのかもしれません。
まず相談する、解決にはこれが第一歩です。

宇治市/債務整理のデメリットはどんなものか|債務整理

債務整理にも多様な方法があって、任意でローン会社と話し合う任意整理と、裁判所を通じた法的整理の個人再生もしくは自己破産などの種類が有ります。
じゃ、これらの手続きについてどういった債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これらの三つの方法に共通している債務整理デメリットというと、信用情報にそれらの手続をやった事実が掲載されてしまうという事ですね。いわゆるブラックリストと呼ばれる状態になります。
そしたら、おおよそ5年から7年ほど、カードが作れなくなったり又借入れができなくなります。とはいえ、貴方は返済に日々苦悩し続けこれ等の手続きを実行するわけですので、もうしばらくの間は借入しないほうがよいのではないでしょうか。
ローンカード依存にはまり込んでいる人は、むしろ借入れが不可能になる事によって不可能になる事で救われるのじゃないかと思われます。
次に自己破産または個人再生の債務整理デメリットですが、官報にこの手続きをした事が掲載されるという点が挙げられます。だけど、貴方は官報などご覧になったことが有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんなもの」といった人の方が複数人いるのじゃないでしょうか。
実際、官報は国が作るする新聞みたいな物ですが、ローン会社等のごくわずかな方しか見ないのです。だから、「破産の実態が近所の人々に広まった」などということはまずないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理デメリットですが、一遍破産すると7年という長い間、二度と自己破産出来ません。これは注意して、2度と自己破産しなくてもすむ様に心がけましょう。

宇治市|借金の督促を無視するとどうなるか/債務整理

あなたがもし万が一信販会社などの金融業者から借入してて、支払い日につい間に合わないとしましょう。その時、まず間違いなく近々に貸金業者から借入金の要求連絡がかかるでしょう。
要求のコールを無視する事は今では楽勝です。消費者金融などの金融業者のナンバーだと事前にわかれば出なければ良いのです。そして、その要求のコールをリストに入れ着信拒否するという事も可能です。
けれども、そういう進め方で短期的にホッとしても、そのうちに「支払わなければ裁判ですよ」などと言うふうな催促状が来たり、若しくは裁判所から訴状・支払督促が届いたりするでしょう。そのような事になっては大変です。
したがって、借入れの支払いの期限に遅れてしまったらスルーしないで、真摯に対応してください。ローン会社などの金融業者も人の子です。ですから、ちょっと遅れてでも借金を返す客には強気な手段に出ることはほとんどないと思われます。
じゃ、返金したくても返金出来ない場合にはどうしたら良いのでしょうか。想像通り何回も掛けてくる督促の電話をシカトするしかほかはなんにもないでしょうか。其のようなことはないのです。
まず、借り入れが返済出来なくなったならば直ぐにでも弁護士の先生に相談若しくは依頼するようにしましょう。弁護士さんが介在した時点で、クレジット会社などの金融業者は法律上弁護士の先生を介さず直に貴方に連絡をとる事が不可能になってしまいます。消費者金融などの金融業者からの返済の要求の連絡がストップするだけでも内面的にゆとりが出来るんじゃないかと思われます。又、詳細な債務整理の方法等は、その弁護士の先生と協議して決めましょう。